アドセンス審査

Googleアドセンス審査合格するジャンルと通らないテーマを解説

こんにちは、
Googleアドセンス審査に一発で合格した、Hori(ホリ)です(^O^)/

クリックで報酬が発生するGoogleアドセンスは
ブログアフィリエイト初心者におススメの稼ぎ方なので

私もコンサル生さんには
Googleアドセンスからビジネススタートをおススメしています。

今回は

リタ夫
リタ夫
Googleアドセンス審査に通りやすいのはどんなジャンルなんだろ?
リタ子
リタ子
審査に通らないテーマや注意点はあるのかしら?

なんて疑問をお持ちのあなたに

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
Googleアドセンス審査合格に

  • おススメのジャンル
  • 通らないテーマを解説
  • NG行為

などを画像付きで分かりやすく解説します。

一発合格するために
ぜひ、最後まで読んでください。

Googleアドセンス審査用ブログのジャンル

近年は、審査が厳しくなっていて
日記ブログや行き当たりばったるでテーマの定まらない記事では
まず、審査の合格することはできません。

しかし、今回の記事を読んで
しっかりジャンルの定まったブログで申請すれば大丈夫です。

では、
ブログのジャンルの選定についてみていきましょう(=゚ω゚)ノ

審査用ブログのジャンル選定

具体的にジャンル選定する前に
「Googleの審査の目的や基準」を知っていくことで
より確実に審査通過できますので紹介します。

Googleの審査とは、

  • 何を基準にしているのでしょう?
  • あなたのブログのどんなところを確認するのでしょう?

Googleの審査の目的や基準

Googleは、
「あなたのブログがGoogleの広告を掲載するのにふさわしいブログか?」
を審査します。

反社会的であったり低俗なブログに広告を掲載すれば
表示された企業(広告の出稿主)のイメージダウンになりますから

企業(広告の出稿主)は、Googleにとって「大切なお客さん」なのです。

コンテンツポリシー(禁止コンテンツ)

Googleが広告掲載してはいけないとしているのは

  • 違法または違法性がある
  • 公序良俗に反する

などの内容を含むWebサイトです。

「内容」には、動画、画像、音声、文章など
Webサイトに含まれていて発信されるすべてを含みます。

 

コンテンツポリシー
※画像は「Google公式サイト」より引用しました。

⇒Google公式サイト アドセンス禁止コンテンツ

記事作成中はもちろんですが、審査申請前にも
上記のような禁止コンテンツが無いかよく確認しましょう。

「家族や子供さんと一緒に見れるサイトかどうか?」
で判断すると分かりやすいです。

一例ですが、子育てブログで

  • 「お子さんをお風呂に入れていて、、、」
  • 「プールでのわが子の水着写真で。。。」

なんてレベルでもリスクがあるようです。

合格までは特に、慎重に行きましょう。

「YMYL」(Your Money or Your Life)

先に説明した禁止コンテンツ以外に
手を出してはいけないテーマがあります。

Googleでは
「YMYL」(Your Money or Your Life)
と表現していて

  • 人のお金や財産にかかわるモノ
  • 人の命や健康にかかわるモノ

のことです。

知識のない人がいい加減な記事を書き
真に受けた人が命や財産を危険にさらしたことで
Googleのイメージダウンになることを防ぐのが目的です。

「YMYL」に関する記事は

  • その分野の有識者や有資格者
  • 専門的性が関連機関から認められている人

などが書いた記事しか上位表示されません。
※絶対ではありませんが非常に上位に上がりにくいです

あなたが、専門家でないならこれらのジャンルには
手を出さないようにしてください。

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
Googleから明確な審査基準は公開されていませんが
このことを、理解したうえでジャンルを決め記事を書けば
大外しすることはありません。

では、具体的なジャンル選定のお話に移ります。

審査に合格するジャンル選定の仕方

Googleは、

有益なブログ ⇒ 専門性がある ⇒ 特化ブログ

と、位置づけています。

ジャンルを1つに絞ることで
専門性をアピールできるので
審査に合格しやすくなります。

ジャンルは

  • 得意分野
  • 好きなこと
  • 興味があること
  • 学んでいること
  • 実践していること
  • 何らかの結果を出したこと

項目ごとに紙やマインドマップに
思いつく限り書き出してみてください。

書き出した中から選ぶといいでしょう。

【ジャンル例】
グルメ/料理・雑貨・旅行・趣味・スポーツ・育児/子育て・家事・節約

など、選んだジャンルで
読者にとって有益な情報を発信するよう心がけましょう。

審査に合格するカテゴリ設定

続いて、カテゴリの考え方を見ていきます。

理解していただきやすいように
例を紹介します。

ジャンル カテゴリ
ブログA 旅行 観光地
お土産
グルメ
ブログB 子育て ごはん
おもちゃ
成長記録
ブログC 趣味(ゴルフ)
話題
スコアアップ
お気に入り便利グッズ

こんな感じで、選んだジャンルに
3つくらい「カテゴリ」を付けます。

増やしすぎるとカテゴリごとの記事数が減り
専門性が低いと判断されます。

また、選んだジャンルのブログを検索して
どんなジャンル分けをしているか?
研究するのもおすすめです。

  • このブログいいな
  • おしゃれなブログだな
  • 僕もこんなブログを作りたいな

なんて思えるブログに出会えればラッキーです。

ブックマークに登録して
構成やデザイン、雰囲気をパクりましょう。
参考にしましょう(笑)

カテゴリを決めたら

選定したカテゴリごとに
バランスよく記事を書いていきます。

各カテゴリ、6~7記事で
20記事超えたくらいに申請しましょう。

まとめ

  • コンテンツポリシー(禁止事項)を理解
  • MLMYは専門性が無いと上位表示できない
  • アドセンス審査の目的
  • 審査通過するためのジャンルとカテゴリーの決め方

について、解説いたしました。

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
↑ これに気を付けるか否かで
合格率は、100万倍変わります。

ぜひ、価値あるコンテンツを理解して
有益な情報を発信してください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

3日で70万円稼いだ方法!

40代からでもブログをはじめてセミリタイヤする方法を無料で公開中