ツール

ClassicEditorの設定方法とクラシックからグーテンベルクへの戻し方

こんにちは、Hori(ホリ)です。

もしかしてあなたは

リタ子
リタ子
ワードプレスの記事を書く画面ってわかりにくいわ

なんて、困っていませんか?

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
今回は、ワードプレスの編集画面を
ワードやメモ帳みたいな感じに使いやすくしてくれる
プラグインの導入方法や設定方法を解説します。

Classic Editor(クラシックエディター)とは?

現在のWP(ワードプレス)の編集画面は
ブロック式の「グーテンベルク」というエディターが標準となっていて
「初心者にとって、扱いづらい」という声が多いです。

Classic Editor」というプラグインを導入して
マイクロソフトの「Word」みたいな感じで使えるようにしましょう。

ClassicEditorの導入方法

インストールと有効化

ワードプレスの管理画面にログインし

左メニューで「プラグイン」⇒「新規追加」画面を表示し

「Classic Editor」を検索します。

 

「Classic Editor」が表示されたら

「今すぐインストール」をクリックし

ボタンが「有効化」に変わったら、クリックして

「Classic Editor」を有効化します。

 

 

特に設定は必要ありません。

左メニューで「投稿」⇒「新規投稿」で編集画面を開きます。

↓ のように「ブロックエディター」から「旧エディター」に変わっていればOKです。

 

旧エディターからブロックエディターへの戻し方

戻し方は簡単です。

インストールした「Classic Editor」を

アンインストールすれば、ブロックエディターに戻せます。

管理画面で「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」⇒「Classic Editor」を見つけて

チェックし「無効化」⇒「適応」

再度チェックし「削除」⇒「適応」で

アンインストールできます。

ClassicEditorの設定方法まとめ

 

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
グーテンベルクが採用された直後は

使いにくいという声が多く出ました。

 
苦肉の策でワードプレスが公式プラグインとして

「Classic Editor」をリリースしたわけです。

 

実際、当初はとにかく使いにくく、チンプンカンプンでした。

 

しかし、グーテンベルクもリリースから

約2年半が過ぎ経過し、ブロックエディターのもだいぶ使いやすくなってきました。

ブロックエディターはとっつきにくいイメージ発揚のですが

「構文がシンプルでSEOに有利」という情報もあります。

ブログ運営にSEOは重要です。

ソコソコ、記事を書く事に慣れてきたら
早めに、ブロックエディターを取り入れることをおススメします。

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

3日で70万円稼いだ方法!

40代からでもブログをはじめてセミリタイヤする方法を無料で公開中