アドセンス審査

Googleアドセンス審査用ブログ記事の書き方!タイトルのつけ方

こんにちは、Hori(ホリ)です(^O^)/

今回は、

リタ子
リタ子
アドセンス審査ってどんなブログが合格するのかしら?
調べてみたけど古い情報が多くてわからないわ
リタ夫
リタ夫
審査に通りやすい記事の書き方とかあるのかな?
Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
こんな悩みをお持ちのあなたに

Googleアドセンス審査に合格するために

  • どんなブログを目指すのか?
  • 記事の書き方は?
  • タイトルのつけ方?

などを画像付きで詳しく解説します。

ぜひ、最後まで読んで「一発合格」してくださいね。

Googleアドセンス合格のための審査用ブログ

審査用ブログ01アドセンス審査に合格するためには
あなたのブログが価値あるコンテンツと
評価される必要があります。

「価値あるコンテンツ」ってどんなものでしょうか?

あなたは、明確に答えれますか?

質問

価値あるコンテンツとは ???

ブログに訪れた読者は
何らかの問題を解決したくて
googleYahoo!で検索します。

【読者の検索意図】

  • 疑問⇒答えを知りたい
  • 悩み⇒解決策を知りたい

こういった読者の検索意図に対して
明確な答えを提供しているブログが
「価値あるコンテンツ」といえます。

答え

価値あるコンテンツ = 読者の問題を解決できるブログや記事

では、Googleに価値あるコンテンツと
評価されるための要素について見ていきましょう。

カテゴリは3個だけ設定

特化性をアピールするために
カテゴリはブログのジャンルに沿ったものを
3個(多くても4個)までに設定します。

そして
各カテゴリに6~7記事を投稿します。

カテゴリ設定イメージ図

 

 

記事数

記事数は、10記事~15記事くらい用意しましょう。

 

実際のところ
審査合格に必要な記事数は公表されていないので
Google以外の誰にもわかりません。

こんなことを言っては身もふたもないようですが

  • 10記事未満で合格した
  • 30記事書いたのに落ちた

などの報告もまちまちです。

合否は
「問題解決に足りるだけの情報量があるのか?」
を問われますので

この「カテゴリ設定イメージ図」
のような構成をおススメしています。

カテゴリ設定イメージ図

文字数

文字数は、各記事1500~2000文字を目安にします。

1500~2000文字というと

あなたは
「エーッ!そんなにたくさん書けませんよー、、、」
なんて思ったかもしれませんね。

でも安心してください。

下の「記事構成イメージ図」のように
必要な情報を順序だてて書いていけば
1500~2000文字なんて
あっという間にオーバーしてしまいますから。

審査に通過するための記事タイトルのつけ方

記事タイトルのつけ方について解説します。

  • 文字数:24~32文字
  • 区切り:2文~3文
  • 内容:自然な日本語

なぜ、24~32文字文字数

少なすぎるとどんな記事なのか
判断しにくくなります。

長すぎると、検索結果画面から
タイトル後半が見切れてしまいます。

タイトルを2文~3文に区切る理由

検索結果に表示された際に
記事の内容を簡潔に伝えるためです。

ほとんどの単語は3~5文字でできています。

もし、1文が30文字だと単語を7~8個連ねた
分かりにくい文章になってしまうからです。

例:認識しやすいタイトル

  • ○○寺でアジサイが見頃!期間限定公開の△△の由来をレポート
    (29文字/2文)
  • 春の△△神社でしかもらえない御朱印とは?名物のおみくじ「◇◇」も
    (32文字/2文)

バランス

記事タイトルは、オリジナリティーを持たせるようにします。

同じような記事タイトルばかりだと
「コピー記事」と評価される可能性があります。

例:悪い記事タイトル

  • ○○寺でアジサイが見頃!期間限定公開の△△の由来をレポート
  • △△神社でバラが見頃!重要文化財のXX如来の由来を調査

↑こんなタイトルのつけ方をしてしまうと
いくら記事の内容がしっかりしていても
GoogleのAIには

タイトルが似すぎてる ⇒ コピー記事の可能性あり

って評価されかねません。

例:悪い記事タイトル

  • ○○寺でアジサイが見頃!期間限定公開の△△の由来をレポート
  • 重要文化財のXX如来が公開中!咲き誇る4百本のバラに感動

タイトルの内容は、ほぼ同じですが
このように、順番や言葉、表現をずらすことで
ぐっと、印象が変わります。

見出しのつけ方

もう一度「記事構成イメージ図」を見てください。

この記事に見出しを付けてみました。

 

例:「記事見出し」書き方

 

記事タイトル:○○寺でアジサイが見頃!期間限定公開の△△の由来をレポート

 

「記事見出し」

見出し.1:○○寺でアジサイが見頃!

見出し.2:期間限定公開の△△の由来

見出し.3:トイレや駐車場は?位置や込み具合をレポート

まとめ:○○寺レポートまとめ

↑こんなふうに記事を書いていくことで

「○○寺でアジサイが見頃」ってニュースを見た人が

  • ○○寺って、何県だったかな?
  • 車で行けるのかな?
  • 無料の駐車場あるのかな?
  • 込み具合はどうだろう?
  • トイレは衛生的かな?

なんて疑問からネット検索します。

これらの疑問をしっかり解決できる
価値あるブログになるんです。

 

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
この考え方や手順は

審査通過後、稼ぐ段階でも非常に重要ですので

実践しながら何度も読み返して身に着けることをおススメします。

 

注意するべきNG行為

ポリシー違反

Googleの広告やその広告の依頼主のイメージダウンになるような
サイトやコンテンツは広告を掲載できません。

googleは、違法性があったり公序良俗に反するWebサイトへの
広告掲載を禁止しています。

規約違反があると審査に合格できませんし
合格後も、規約違反が発覚すると
凍結やアカバンを食らいますのでくれぐれもご注意ください。

ポリシー違反についてこちらの記事にまとめています。

コピペ

窃盗は犯罪です。

Webの世界では人のサイトからパクっていいものが
たくさんあります。

一部を上げるだけでも

  • アイデアや発想
  • 着眼点や切り口
  • 構成や表現

こんな感じで、てんこ盛りの「取り放題」です。

しかし、文章をコピペするのは絶対NGです。

その文章を書いた人にも迷惑です。

さらにはコピペをすると
あなた自身も大損害を食らいます。

その理由を解説します。

例えば
あなたが何かの疑問や悩みを解決しようと
Google検索したら、↓A・B↓ のどちらの
検索結果が嬉しいですか?

  • A, 似たようなブログやサイトばっかりで何の参考にもならなかった
  • B, いろんな情報があって、意外な発見や見地を得られた

もちろん「B」ですよね。

Aだと、ユーザーが不満を感じることになり

その結果、Googleの検索サイトとしての質が

低下してしまうことになるんです。

 

ですから、
コピペサイトは上位表示されませし
コピペっぽいとアドセンス審査にも不利になります。

コピペは「百害あって一利なし」と覚えてください。

 

画像(著作権・肖像権)

審査には、可能な限り

自分で撮影した写真や書いたイラストを使いましょう。

 

自身で撮影、描画した画像は

オリジナリティーが高く審査に有利に働きます。

 

Webから取得する場合は

必ず著作権フリーの素材を使いましょう。

 

出所の分からない画像は

提供者自身も知らない間に

著作権や肖像権を侵害している場合があります。

 

ジャニーズ、ディズニーは

著作権に特に厳しいので注意しましょう。

このほかにも、敏感な事務所や個人はたくさんいます。

無駄な地雷を踏んで怪我しないようにしてください。

 

審査の記事は、特に慎重に行きましょう。

審査に通過するためのブログ!まとめ

今回は、アドセンス審査に通過するための

  • ブログの構成
  • タイトルのつけ方
  • 記事の書き方
  • その他の注意点

などを詳しく解説してきました、

 

Hori(ホリ)
Hori(ホリ)
中でも、

  • 「記事構成イメージ図」
  • 「カテゴリ設定イメージ図」

は、永久保存版クラスの情報で

ダウンロードや印刷して

研究してほしいくらい重要なことが書いています。

 

ぜひこの記事を参考に

「一発合格」してください。

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございまた。

3日で70万円稼いだ方法!

40代からでもブログをはじめてセミリタイヤする方法を無料で公開中